子どもの食べ物の好き嫌いの理由|その背後にある心理と対処法(裏技あり)

子どもの食べ物の好き嫌い アイキャッチ画像 子育て
子どもの食べ物の好き嫌い アイキャッチ画像
スポンサーリンク

今回は、子どもの食べ物の好き嫌いの理由を探り、その背後にある心理や対処法(裏技あり)について詳しく解説します。

HERO
HERO

私は、東京都江戸川区の葛西エリアで20年以上保育園を運営しています。

中葛西幼保園

子どもの食べ物の好き嫌いは、親や保護者にとってよくある悩みの一つです。

子どもが特定の食べ物を拒否したり、好きな食べ物に偏ったりすることは、栄養バランスの偏りや健康上の懸念を引き起こす可能性があります。

そのため、子どもの好き嫌いの理由を理解し、適切に対処することが重要です。

子どもの言葉遣いを考える!原因項目と対策方法とは?|中葛西幼保園
「模写」子どもたちの世界観にビックリしたのでご紹介します!
【七夕会】クイズを保育園でやってみた!|大盛況の子どもたち!
保育園でのお友だちとの関わり方と言葉遣い|中葛西幼保園
「ピアニカ」を初めて弾いた時|嬉しそうな表情が印象的!

子どもの食べ物の好き嫌いの理由|その背後にある心理と対処法(裏技あり)

それでは全体像からお伝えしていきます!

子どもの味覚の発達

子どもの味覚は、成長とともに変化します。

HERO
HERO

赤ちゃんの頃は、甘い味や乳製品の味を好む傾向がありますが、幼児期になると苦い味や酸っぱい味にも興味を示すようになります。しかし、未熟な味覚のために、新しい味や食材に対する抵抗感が生じることがあります。

子どもの味覚の発達の対処法とは?

子どもは月齢を重ねる度に、「味」に対しての追及が始まっていきます。

HERO
HERO

正に成長を感じられる瞬間の日々となります。

新しい食材を少しずつ導入する

子どもには徐々に新しい味や食材を導入しましょう。

少量から始めて、徐々に量を増やしていきます。

ポジティブな雰囲気を提供する

新しい食材を導入する際は、ポジティブな雰囲気を作り出して子どもに楽しんでもらいます。

食事を楽しい体験にすることで、子どもは新しい味に対する抵抗感を減らすことができます。

経験不足

子どもがあまり新しい食材や料理を経験しないと、その食材に対する興味や理解が不足し、好き嫌いが生じることがあります。

HERO
HERO

特に、親が同じメニューを出し続けると、子どもは新しいものに興味を持つことができません。

経験不足の対処法とは?

何事も「経験不足」は控えていきたいところです。

HERO
HERO

初めてのことは、「初め」が重要です!

多様な食材や料理を提供する

子どもには多様な食材や料理を提供し、幅広い食経験を積ませましょう。

異なる料理を試してみることで、子どもが新しい食材に興味を持つきっかけになります。

一緒に調理する

子どもが料理の過程に参加することで、食材や料理に対する理解が深まります。

親子で一緒に料理を作り、新しい食材に触れる機会を提供しましょう。

食事環境や文化の影響

子どもの食べ物の好き嫌いには、家庭の食事環境や文化が大きな影響を与えます。

親が好む食事や食材を子どもが模倣することがあり、特定の食材に偏ったり、拒否したりすることがあります。

食事環境や文化の影響への対処法とは?

「食育」を組み込んでいく上で、「味」や「見た目」だけではなく、雰囲気や楽しさを感じながら「食事」をしていくことも重要です。

HERO
HERO

明るく、楽しい、美味しい、嬉しい等、加点法で考える必要があります!

バランスの取れた食事を提供する

家庭での食事は、栄養バランスの取れたものにするよう心がけましょう。

様々な食材を取り入れ、バランスの良い食事を提供することで、子どもが健康的な食習慣を身につけることができます。

子どもの意見を尊重する

子どもが特定の食材を嫌う場合は、無理に食べさせるのではなく、代替品を提供することも大切です。

子どもの意見を尊重し、食事に対するポジティブな感情を育てることが重要です。

子どもの食べ物の好き嫌いの理由はさまざまですが、それらを理解し、適切に対処することで健康的な食習慣を身につけることができます。

HERO
HERO

親や保護者は子どもの食事を通じて、楽しい食育を行い、子どもの成長をサポートしていきましょう。

子どもの好き嫌いを減らす裏技10選|食育を楽しく!

子どもの好き嫌いは、親や保護者にとって頭を悩ませる問題の一つです。

HERO
HERO

しかし、それを乗り越える方法があります!

それでは、子どもの好き嫌いを減らすための裏技を紹介します。

これらを使って、子どもと一緒に楽しい食育をしてみましょう!

食材ゲーム

  • 裏技: 食材ゲームを使って、子どもが新しい食材を楽しく体験することができます。
  • 方法: スーパーマーケットで、子どもに見慣れない食材を見つけてもらいます。それから、その食材を使って一緒に料理を作りましょう!
HERO
HERO

正に「親子クッキング作戦」ですね。買い物をするところからしっかり導入していきます!

キャラクターフード

  • 裏技: 子どもが好きなキャラクターに食材を関連付けることで、食べ物のイメージが変わります。
  • 方法: 例えば、ブロッコリーを「モンスターの木」と呼んだり、キャラクターの顔をイメージしてみましょう!
HERO
HERO

子どもの行動や思想は、「気持ち」が原動力になっています。上手く関連付けを行う事でストライクゾーンを広げていきましょう!

食事デコレーション

  • 裏技: 食卓を華やかに飾ることで、子どもが食事を楽しむ気持ちが高まります。
  • 方法: カラフルな食器やテーブルクロスを使って、食卓を彩りましょう。子どもが喜ぶデコレーションを取り入れてみてください!
HERO
HERO

「視覚」から食事をすることも大切です!色鮮やかな食卓は、とても喜ぶでしょうね!

超リアルフードアート

  • 裏技: 食材を使ってリアルなアートを作ることで、子どもが驚きます。
  • 方法: 例えば、フルーツや野菜を使って動物の形を作ったり、料理をキャラクターに見立ててみましょう!
HERO
HERO

もちろん、子どもも驚き喜びますが、大人も楽しんでいる姿を見せると、それだけでも子どものテンションが上がり食欲も増します!

シークレットフード

  • 裏技: 食材を隠して、子どもが気づかずに食べることができます。
  • 方法: ミキサーやフードプロセッサーを使って、野菜やフルーツをスムージーやソースに混ぜ込んでみましょう!
HERO
HERO

実際には、子どもの味覚はとても鋭いものです。「シークレット」であれば作る工程前から見せないように完璧に試してみましょう。

食材探検隊

  • 裏技: 子どもが自分で食材を見つけることで、興味が湧きます。
  • 方法: 一緒にスーパーマーケットや農産物市場に行き、新しい食材を見つけさせてみましょう!
HERO
HERO

私が今まで経験した子どものお話の中で、海の中に魚の切り身が泳いでいると間違った認識をもっていたエピソードがあります。実際の食材を見たり手に取ったり必要不可欠ですね!

子供料理コンテスト

  • 裏技: 子どもが料理を作ることで、自信を持ちます。
  • 方法: 家族で料理コンテストを開催し、子どもがメニューを考えて料理を作ってみましょう!
HERO
HERO

子どもの発想力も凄いものがあります。全部自分で考えさせると大変なメニューとなってしまします。意図的に上手く誘導し、その後、美味しく食べられたところまで「コンテスト」としましょう!

フォトジェニックレシピ

  • 裏技: 料理を美しく撮影することで、子どもが食べたいと思います。
  • 方法: 料理を美しく盛り付けて、写真を撮りましょう。SNSに投稿して子どもに見せると、喜びます!
HERO
HERO

正に「客観的な視点」を育みながら子どもと実際に作った経験を、周りに診てもらいましょう。きっと沢山褒められて、また一段と自信もついていくことでしょう!

マジックフード

  • 裏技: 食材の変身劇で、子どもが驚きます。
  • 方法: 例えば、マジックジュースを作って野菜の色を変えてみたり、食材を魔法の呪文で変身させてみましょう!
HERO
HERO

この裏技は、「驚き」をテーマに「マジック」として導入しています。例えば「カレールー」を「水色」にしたりしますが、「驚き」で終わらないよう何口か食べてみるのが大切です。固定観念は今まで育ってきた環境下で生まれるので、「楽しさと驚き」の融合程度に思って導入しましょう!

食事サプライズボックス

  • 裏技: 食事の中にサプライズを隠すことで、子供が楽しんで食べます。
  • 方法: 食事の中におもちゃやメッセージを隠しましょう。子供が食べている途中に驚きを体験します!
HERO
HERO

これらの裏技を使って、子どもの好き嫌いを減らし、楽しく食育を進めてみましょう!

子どもと一緒に料理を楽しんで、食べ物の新しい世界を発見しましょう!

まとめ

こどもの食べ物の好き嫌いは、味覚の発達や経験不足、家庭の食事環境や文化など様々な要因によって影響を受けます。

しかし、子どもの好き嫌いを減らすためには、新しい食材を試したり、食事を楽しい体験にする工夫が必要です。

HERO
HERO

親や保護者は、子どもの意見を尊重しながら、バランスの取れた食事を提供し、子どもが健康的な食習慣を身につけるサポートをすることが大切です。

子どもと一緒に料理を楽しんだり、食材の探検をすることで、食べ物に対する興味を育て、好き嫌いを減らすことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました