「英語教育」がある保育園のねらいとは?(中葛西幼保園)

英語教育のねらい(中葛西幼保園) 子育て
英語教育のねらい(中葛西幼保園)
スポンサーリンク
中葛西幼保園の「英語教育」①

中葛西幼保園の「英語教育」①

今回は、「英語教育がある保育園のねらい」についてご紹介していきます。

HERO
HERO

私が20年以上前から運営する中葛西幼保園も「英語教育」を取り入れています。

子どもたちは、伸び伸びとした環境ですくすくと大きくなっていきます。

「英語教育」を導入した経緯や子どもたちのメリットを細かくご紹介できれば幸いです。

【無印良品】「くし」の口コミが凄い!|3つの理由とは?
無印良品のレトルトを出産祝いに!大絶賛する理由とは?
【無印良品】炊き込みご飯の素|激旨ランキング5選をご紹介!
無印良品のおすすめスープランキング9選をご紹介!
【無印良品】ヘアオイル(メンズ用)| おすすめ商品をご紹介!

「英語教育」がある保育園のねらい|中葛西幼保園の場合

中葛西幼保園の「英語教育」②

中葛西幼保園の「英語教育」②

約20年前は「英語教育」がある保育園は、ほとんどありませんでした。

時が経つにつれて小学校で「英語体験授業」等の「英語」を用いた体験教室が組まれることになってきました。

HERO
HERO

「ゆとり教育」が終わったあたりでしょうか。

ここ東京都江戸川区の葛西エリアでも、学習塾大手の習い事教室や、江戸川区のコミュニティー会館等で「英語教育」が盛んに開催されるようになってきたのを覚えています。

中葛西幼保園は開設当初から「英語教育」も導入し、小学校就学や子どものスキルアップに告げていけるようカリキュラムを組んでいきました。

「ねらい」としては、下記があります。

  • 子どものスキルアップ
  • 小学校就学に向けての土台作り
  • 通常保育以外の職員ではなく、講師の先生とのコミュニケーション能力向上
  • 表現力を豊かにするためのきっかけ作り
  • 問題解決能力の向上
  • 隔てなく海外の方との「関わり」も大切にする気持ちをもつ

とても重要な事を「ねらい」としております。

保育園児向けの英語教室は、子どもたちが楽しみながら英語を学ぶことができる素晴らしい学びの場です。

HERO
HERO

中葛西幼保園の英語教室では、歌やゲームを通じて英語を学ぶことができ、子どもたちは自然な形で英語に親しむことができます。

身体を使って英語を表現したり、日常生活に英語を取り入れることで、子どもたちは英語を身につけることができます。

保護者との連携も重要であり、家庭でも英語環境を整えることで、子どもたちの学習効果がさらに高まります。

「英語教育」がある保育園のねらい|導入した経緯とは?

中葛西幼保園の「英語教育」③

中葛西幼保園の「英語教育」③

HERO
HERO

「英語」での会話を聞く、話すというのは、早ければ早いほどいいと私自身も考えているからです。

「英語教育」を導入した経緯は、未来ある子どもたちが大人になる前に、しっかり発音、聞く力を持たせることは必要だと思います。

科学的には13歳以前に学んだ方が、正確にレクチャーできるとも言われています。

「日本語」を覚えていくように、「英語」も合わせて学習していくことで、何パターンも名称や伝え方の選択肢が増える可能性があります。

中葛西幼保園では、受け入れ時期が0歳児クラス(満6ヵ月)からとなりますが、0歳児クラスから「英語教育」を実践しています。

自然と「英語教育」を学んでいくことで、脳も活性化し成長の幅を無理なく広げていけるように様々な工夫をしております。

HERO
HERO

楽しみながら学び、身体を使って英語を表現し、日常生活に英語を取り入れることで、子どもたちは自然な形で英語を身につけることができます。

保護者との連携も重要であり、家庭でも英語環境を整えることで、子どもたちの学習効果がさらに高まります。

「英語教育」がある保育園のねらい|子どもたちのメリットとは?

中葛西幼保園の「英語教育」④

中葛西幼保園の「英語教育」④

では、実際に「英語教育」の土台を付けていくと、子どもたちにとってどの様なメリットがあるかご紹介します。

  • 物怖じしない性格になる
  • 自らアピールする力が養える
  • 物事の捉え方が多角的にできる
  • ネィティブな発音で話せる
  • 細かくヒヤリングできる

これらのメリットは、乳児期、幼児期、小学校就学後も大いに役立ちます。

子どもの自信に繋がっていき、ポジティブな姿勢で物事を判断できるようになっていくからです。

HERO
HERO

中葛西幼保園では「英語教育」を通して様々な取り組みを行っておりますが、どの子も発想力・考える力、解決しようとする能力とすごく豊かです。

そして、小学校就学後も「英語」の時間では、今までの土台や応用力をバネにして、更なる知識を得ていくことになります。

楽しみながら学ぶ

子どもたちが楽しむことが学びの鍵です。

英語教室では、歌やゲームを通じて楽しみながら英語を学ぶことができます。

例えば、英語の歌を歌ったり、英語の言葉を使ったゲームを行ったりすることで、子どもたちは自然な形で英語に親しむことができます。

英語の歌やリズムを取り入れることで、子どもたちが英語の音やリズムに親しむことができます。また、英語の言葉を使ったボードゲームやチームゲームを通じて、楽しみながら英語を学ぶことができます。

アクティブな学び

保育園児は身体を使って学ぶことが好きです。

英語教室では、身体を動かしながら英語を学ぶことができます。

身体を使って英語の単語やフレーズを表現したり、英語の歌やダンスを楽しんだりすることで、子どもたちは英語をより身近に感じることができます。

色や形を英語で表現しながら、子どもたちが身体を使ったゲームやアクティビティを行うことで、英語を実践的に学ぶことができます。

例えば、色のカードを使った英語のフラッシュカードゲームや、英語でのジェスチャーゲームを行うことができます。

日常生活に英語を取り入れる

英語教室で学んだことを日常生活に取り入れることで、子どもたちはより自然な形で英語を身につけることができます。
食事の時間や遊びの時間、挨拶などのシーンで英語を使うことで、子どもたちは英語を使うことに慣れ、自然な会話力を身につけることができます。

英語での挨拶や感謝の言葉を日常的に使うことで、子どもたちは英語を使うことに慣れます。また、おもちゃやゲームを共有する際に英語を使うことで、英語を使う楽しさを体験することができます。

励ましと肯定的なフィードバック

子どもたちは、励ましや肯定的なフィードバックを受けることで、自信を持って英語を話すことができます。
講師や保護者からの称賛やサポートが、子どもたちの英語学習に大きな影響を与えます。

講師や保護者からの「Good job!」や「Well done!」といった言葉は、子どもたちの自信を高める助けになります。

HERO
HERO

間違いを恐れずに英語を話すことを奨励することも大切です。

保護者との連携

保護者との連携も重要です。保護者が英語学習をサポートすることで、子どもたちの学習効果がさらに高まります。
保護者向けの情報提供やアドバイスを行い、家庭でも英語環境を整えましょう。

保護者向けに英語学習の方法や遊び方を提案し、家庭でも英語を楽しむことができるようサポートします。また、保護者との定期的なコミュニケーションを通じて、子どもたちの学習状況や成長を共有します。

まとめ

今回は、「英語教育」がある保育園のねらい(中葛西幼保園)についてご紹介しました。

保育園児向けの英語教室は、子どもたちが楽しみながら英語を学び、自信を持ってコミュニケーションするための素晴らしい学びの場です。

子どもたちは、大人以上の吸収力があります。

小さなころからの、無理のない「英語教育」は今後の未来を担う子どもたちにとって、とても重要な糧となっていくと思います。

今後も、しっかりと子どもたちに寄り添いながら、「英語教育」を楽しんでいきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました