子どものトイレトレーニング成功の秘訣|親子で楽しく挑戦しよう!

トイレトレーニング アイキャッチ画像 子育て
トイレトレーニング アイキャッチ画像
スポンサーリンク

今回は、トイレトレーニングの基本から実践的な方法、すなわち成功の秘訣をご紹介します。

HERO
HERO

私は、東京都江戸川区の葛西エリアで20年以上保育園を運営しております。

中葛西幼保園

子どものトイレトレーニングは、親子共に新たな一歩を踏み出す大切な時期です。

トイレトレーニングは個々の子どもによって進み方やペースが異なりますが、親御さんも理解し、サ上手く包み込んであげることでスムーズに進めることができます。

子どもの言葉遣いを考える!原因項目と対策方法とは?|中葛西幼保園
「模写」子どもたちの世界観にビックリしたのでご紹介します!
【七夕会】クイズを保育園でやってみた!|大盛況の子どもたち!
保育園でのお友だちとの関わり方と言葉遣い|中葛西幼保園
「ピアニカ」を初めて弾いた時|嬉しそうな表情が印象的!

子どものトイレトレーニング成功の秘訣とは?

一概にトイレトレーニングと言っても、「適している時期」というものがあります。

こんな意見をよく伺います!

夏前にはおむつを外したい。

これは、どういうことなのでしょうか?

HERO
HERO

おそらく、汗をかきやすい時期には外したいと考えている親御さんが沢山いらっしゃるかと思います。

それでは、順にご紹介していきたいと思います!


準備を整える

トイレトレーニングを始める前に、以下の準備が必要です。

トイレ環境の整備

トイレは子どもが安心して使えるように整えましょう。

便座の高さや補助グッズの準備を整え、子どもがストレスなくトイレに慣れる環境を整えます。

必要なグッズの準備

トイレ用の補助グッズやトレーニング用パンツなど、トイレトレーニングに必要なアイテムを用意しましょう。

子どものペースに合わせて選び、トレーニングをサポートします。

適切なタイミングを見極める

子どものトイレトレーニングを始めるタイミングを見極めましょう。

子どもの準備状況を確認する

子どもがトイレトレーニングに興味を示したり、おむつに興味を示すようになったりしたら、トレーニングを始める準備が整っています。

HERO
HERO

しかし、「イヤイヤ期」、「体調不良時」に無理して進めてもあまり効果は見られません。

家族のスケジュールを考慮する

家族のスケジュールに合わせてトイレトレーニングを始めることで、トレーニングをよりスムーズに進めることができます。

HERO
HERO

例えば、お風呂を挟んで、おしっこが出るかどうかの確認をした上で、トイレに連れていき試していきます。

子どもによっては、体を洗っている最中に、おしっこが出るケースもありますが、大切なのがお風呂とトイレをセットにしてトレーニングしていくと効果的です。

コミュニケーションを大切にする

トイレトレーニングは、親子のコミュニケーションが重要です。

子どもの意思を尊重する

子どものペースや意思を尊重し、無理に進めることなく進めていきます。

子どもの成長に合わせてトレーニングを進めましょう。

褒めることを忘れない

とても重要なポイントですが、成功したときには沢山褒めましょう。

 

HERO
HERO

褒めることで子どもの自信やモチベーションを高め、トレーニングを楽しいものにします。逆に、成功しない時には責めたり、叱ったりすることはやめましょう!

毎日続けていることを大きく包み込んで、愛情たっぷり褒めてあげましょう。

根気強く取り組む

トイレトレーニングには根気が必要です。

HERO
HERO

個人差はあるものの、数日で手ごたえがあり、パンツに切り替われるパターンもあります。しかしながら、極まれであることを理解し、焦らず着実に進めていきましょう。

落ち着いて対応する

焦らず、子どものペースに合わせてトレーニングに取り組みましょう。

ストレスを感じたときは深呼吸して落ち着きます。

妙な焦りやストレスが、ダイレクトに子どもの心に伝わってしまいますので気をつけましょう!

リラックスした環境を整える

リラックスした環境でトレーニングを行います。

HERO
HERO

しっかりと落ち着いて取り組む姿勢も、子どもには伝わっていきます。

子どもがリラックスしてトイレに慣れるような環境を整えます。

まとめ

トイレトレーニングは親子の大切な時間です。

HERO
HERO

適切な準備と根気強い見守りが成功の秘訣です。

所属している保育園などがある場合には、しっかり相談しストレスフリーで過ごしていけるようにする必要があります。

子どものペースを尊重し、楽しいトレーニングを心がけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました