「縦割り保育」のメリット|子どもたちの成長と学びを支援するアプローチとは?

縦割り保育のメリット アイキャッチ画像 子育て
縦割り保育のメリット アイキャッチ画像
スポンサーリンク
HERO
HERO

私は東京都江戸川区の葛西エリアで保育園を20年以上運営しております。

中葛西幼保園

中葛西幼保園では、「クラス別保育」と「縦割り保育」の両方を取り入れています。

「縦割り保育」は、異年齢の子どもたちを同じグループで一緒に過ごす保育形態です。

このアプローチには様々なメリットがあります。

今回は「縦割り保育」のメリットについて詳しくご紹介していきます。

【AGA治療薬】通販おすすめ情報|頭皮の健康を取り戻すための道案内
AGA治療で後悔しないために知っておきたいポイントとは?
AGAオンライン診療のおすすめ|私の体験談(2024年4月11日~の奮闘記)
兄弟姉妹の育児における難問!|差をつけない育て方とは?
無印良品のスキンケア製品の選び方|自分に合った最適な製品を見つける方法

「縦割り保育」のメリットをご紹介します!

縦割り保育のメリット①

縦割り保育のメリット①

「縦割り保育」は異年齢の子どもたちで構成されています。

HERO
HERO

分かりやすくお伝えすると言わば、「兄弟」の様な関係性を持つことが出来ます。

上の学年のお友達から、幅広く吸収し、下の学年のお友達に優しく接することが出来るようになっていきます。

言葉遣いや、表情、気持ちの読み取り等、あらゆる面でメリット盛沢山なので、中葛西幼保園では「クラス別保育」と合わせて上手く取り入れております

子どもたちの相互作用と社会性の発達

「縦割り保育」では、異年齢の子どもたちが一緒に遊んだり学んだりする機会が増えます。

年齢や発達段階の異なる子どもたちとの交流により、コミュニケーション能力や協力性が育まれます。
HERO
HERO

年上の子どもたちはリーダーシップや責任感を発揮し、年下の子どもたちは模倣や学習の機会を得ることができます。

自己肯定感と自己認識の向上

「縦割り保育」では、子どもたちは自分と異なる年齢や能力を持つ他の子どもたちと比較することなく、自分の成長を見つめ直す機会が得られます。

年上の子どもたちからの支援や助言を受けることで、自己肯定感が高まり、自己認識が向上します。
HERO
HERO

異年齢の関わりから、精神的にも成長していく姿を見ていると、とても微笑ましく思います!

学習の多様性と豊かな経験

「縦割り保育」では、同じグループ内で異なる年齢の子どもたちが様々な学習体験を共有します。

年齢に応じて異なる興味や関心を持つ子どもたちが刺激しあい、豊かな学びの環境が生まれます。また、教育者は幅広い年齢層に対応した教育プログラムを提供することで、子どもたちの個々のニーズに合った学びを促進します。
HERO
HERO

ここで重要なのが、同じ体験をしていても、学年や月齢によって大きく受け取り方が変わってくる、また、その主張に対し、しっかり耳を傾けられるようになれることもメリットの一つだと感じています!

共感と協力の促進

「縦割り保育」では、年齢や能力に関係なく子どもたちが互いに支援し合う機会が増えます。

年上の子どもたちは年下の子どもたちをリードし、年下の子どもたちは年上の子どもたちから学び、共に成長します。
HERO
HERO

このような環境において、共感や協力の精神が育まれて、大きく、そして優しい気持ちを持てるようになっていきます!

個別指導とグループ活動の両立

「縦割り保育」では、個別指導とグループ活動が組み合わされることで、子どもたちの多様な学びのニーズに対応します。

個別指導では、子どもたちの個々の発達段階や興味に応じた教育プランを立てることができます。一方で、グループ活動では集団での学びや交流を通じて社会性や協力心を養います。
HERO
HERO
この両面の活動を基に、子どもたちの成長を促すきっかけ作りを意図的にしています。子どもたちにとっても、非常に幅広い視点で周りを判断できたり、理解できたりとメリットが沢山あります!

まとめ

縦割り保育のメリット②

縦割り保育のメリット②

「縦割り保育」は、子どもたちが異年齢の仲間と共に成長し、学び合う貴重な機会を提供します。

子どもたちの社会性や自己肯定感、共感力や協力力を育む上で効果的なアプローチであり、保育環境の充実と子どもたちの健全な発達に貢献します。

HERO
HERO

これから、大きな社会に出ていく子供たちに対し、私たちが今から出来る事をしっかり考えて、日々のの保育園運営に邁進しております。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました